Direction of "Icon Branding"
PROJECT002 きぼう新聞ロゴ
 

100年先のこどもたちに届けるラブレター

詳しくみるボタン
[%article_date_notime_dot%] [%new:New%]

[%title%]

PROFILE

織田のプロフィール写真
 

masanori oda

クリエイティブ・ディレクター
アート・ディレクター

名古屋出身。「本職=人間」(岡本太郎氏のことば)を目指して活動中。元ミュージシャン。自分にしかつくれない人生を求めて「楽しむ」というテーマのもと、2006年にファイナンシャルプランナーとしての起業人生がスタートする。約10年ほどファイナンス(経済)の世界に魅了された後、業務の中で出会っていく”おもしろい”と思った「ヒト・コト・モノ」と関わり、2015年よりデザインやアートなど表現する新しい世界にシフトしはじめる。何事も「体験したこと」がきっかけで、見える世界も人生も変わる。そんな「価値観の気づき」の中に「ダイバーシティ&インクルージョン」の可能性があり、新しい世界観をカタチにするクリエイティブ・ディレクター/アートディレクターとして、2017年より活動をはじめる。

WORK HISTORY

2017 - Today

初のクリエイティブ・ディレクターとして活動。サスティナビリティ(持続可能性)やダイバーシティ&インクルージョン(多様性)の推進を主に、ディレクションを手がける。第一弾は、「はたらく手帳」。一般社団法人日本ダイバーシティ推進協会JDNA様のもと、「雇いたい人」と「働きたい人」との距離を近づけるためのデザイン・ディレクションを行う。主に、そのコミュニケーションとなるデザインを考案・設計。今後、政府が進める「働き方改革」とともに、本格的に多様化するであろう新しいキャリア時代に向けて、クリエイティブ・ディレクターとして参画。

PROJECT

PROJECT 002 new
"Iconic Branding"

「きぼう新聞ロゴ」
きぼう新聞ロゴ(サムネイル)

PROJECT 001
"Diversity"

「はたらく手帳」
はたらく手帳(サムネイル)